コミュニケーションが苦手の原因と解消法①

コミュニケーションが楽に楽しくなりたいあなたへ


・何を話したらいいのかわからない、会話の場面が怖い

・会話がぎこちない、続かない、沈黙が気まずい

・気の利いた返しができず、話が盛り下がってしまう

・コミュニケーションのやり方を勉強しても実践できない

・自然体で楽しそうに会話している人達が羨ましく憧れている


コミュニケーションが苦手な原因と解消法を5回に渡ってお伝えします。


原因①

「ばれたくないことがある」


解消法①

「それをばらしてみる」


解説


人には様々なコンプレックスがあり、それを隠そうとします。そうすると少しでもそれに関連する話題を避けようとするため、コミュニケーションが苦手という問題が発生してくる可能性が高いのです。


例えばわたしは下のようなコンプレックスがありました。


・容姿のコンプレックス(美容整形したこと、ニキビ肌など)

・家族、家庭のコンプレックス(家庭内引きこもりだったこと)

・恥ずかしい体験(いじめ、性暴力被害のこと)

・能力のコンプレックス(運動音痴、正しい日本語ができない)

・性的なコンプレックス


さて、あなたは自分のどんなことを知られたくないですか?


わたしは、まずは安心安全が補償されているワークショップや自助グループで自分のばれたくないことをばらしていきました。


これはばらす直前まで、恥をかく、傷つく、軽蔑される、独りぼっちになる怖さを強く感じるので大変な勇気と覚悟が必要です。


しかし、ばらしてみると「わたしも同じようなことで悩んでいた」と打ち明けられ、悩んでいたのはわたしひとりじゃなかったんだ‼と孤独が癒されたり、「ふーん、それで?」と自分にとってはばれたらこの世の終わり‼なくらいのトップシークレットも相手にとってはたいしたことなかったり、言ってもいいんだ、知られてもいいんだ、大丈夫なんだと、心の重りがドサッと落ちて、コミュニケーションの苦手さは劇的に解消しました。


コミュニケーションの方法うんぬんではなくて、心の重りがドサッと落ちた‼がすごく重要なんです。


そうなると他の場面で、自分のばれたくないことを言っても言わなくても関係なく、コミュニケーションは楽に楽しくなっていくのです。


原因①

「ばれたくないことがある」


解消法①

「それをばらしてみる」


さて、あなたは自分のどんなことを知られたくないですか?


ばらしてみようかな、と思われたあなたへ

花園アフタヌーンティーでも安心安全の補償された場をご用意できます。ぜひご活用ください。


●コミュニケーションが苦手の原因と解消法②

●コミュニケーションが苦手の原因と解消法③

●コミュニケーションが苦手の原因と解消法④

●コミュニケーションが苦手の原因と解消法⑤


あなたのコミュニケーションが楽に楽しくなりますように


#こころの花園

#まつやまさとみ