おねえちゃんだから

わたしは、1番うえの長女でした。

 

おねえちゃんだから、しっかりして、、、

おねえちゃんだから、がまんして、、、

おねえちゃんだから、後回しで、、、

おねえちゃんだから、自分でやって、、、

おねえちゃんだから、がんばって、、、

おねえちゃんだから、泣くな、、、

 

両親の言うことをよく聞くまじめないいこだったので、両親の期待に応えて頑張っていました。両親の期待から外れると、また両親の機嫌が悪いと、怒られたり、暴力を受けたりしたため、家の中ではとても緊張していました。

 

なんにもないのに、常に見張られているような気がしたり、責められているような気がしたり、急かされているような気がしたり、できてないような気がしたり、、、不安と緊張と心配と憂鬱があたりまえになりすぎて、自分でも気づけない状態になっていました。