人間関係のパターンの紹介です。 ①パターン わたしは正しい あなたは正しい どちらも正しいと お互いの違いを認め合える状態 ②パターン わたしは正しい あなたは間違っている あの人がおかしいと 他人を責めている状態 ③パターン わたしは間違っている あなたは正しい 自分はおかしいと 自分を責めている状態 ④パターン わたしは間違っている...
虐待されて育った人は 自分の子どもも虐待する 暴力を受けて育った人は パートナーも暴力をふるう人を選ぶ 毒親育ちは結婚できない 問題のある家庭で育った人は やめたほうがいい 自分の育ちを振り返ったとき 世間のこういう意見を信じてしまい わたしにはしあわせな恋愛や 結婚や家庭や子育てというのは できないのかもしれない、、と...
大切にしたいのに 大切にできなくて 傷つけ続けてしまう 何度やめようと思っても なぜかやめられない 彼のことは大好きだし 彼のことは大切だし 彼を失ったら 死んでしまいそうなくらい つらくて苦しいのだけど なぜか浮気を繰り返してしまう わたしはそんな恋愛を 繰り返していました 自分でもどうしてなのか さっぱりわからない 浮気がばれて...
わたしたちは、あなたの行動を変えることは出来ない わたしたちは、あなたに結果を約束することも出来ない わたしたちは、あなたを助けることはできない 私たちができるのは、 あなたがあなたの人生を変えるための 決断と選択のチャンスを提供することだけなんだ。 なぜなら、あなたの人生だから。 わたしたちは、特別な技術やチカラは持っていない...
さとぼうさの「愛する」とはどういうことか?について 愛しているとか 愛されているとか 人によって意見は様々ですが、 さとぼうさの行きついた「愛する」について書きたいと思います。 愛ってなんだ? ぜんぜんわからなくて 結婚したいと思える人がいなくて もし子どもを産んだとしても 愛するとか愛されるとか わからないしできないし でも愛されてみたいし...
わたしの人生がいちばん変わったと思う瞬間は、やはり「、、、ちょっと話があるんだけど、、、」と18年も険悪な仲でろくに会話もしてきていない両親に話しかけた瞬間でした。 ※詳しくはこの記事 わたしにとって あの当時最大級の いちばんやりたくないこと いちばんタブーなこと ずっと避けてきたこと ずっと逃げてきたこと とても勇気のいること...
わたしが人生でいちばん大切だと思うことは、ひとりひとりが違う人間であるということを前提として、自分を表現し、かかわり合っていくことだと思います。 その理由は、ひとりひとりが違う人間だからです(*^^*) ひとりの人の中にもさまざまな一面があり、かかわるタイミングによって、同じものはひとつもないとわたしは思っています。 だから、おもしろい。...
わたしがいまの仕事をするようになったきっかけの出来事は、失恋でした。 28才の春頃、彼氏に振られてひどく落ち込んで、たまたま立ち寄った本屋さんで、心屋仁之助さんの「光と影の法則」という本を買いました。...
人が怖いという悩み。 わたしも人が怖いと感じながら生きている時間が長かったです。 初めて会う人 あまり知らない人 怒っている人 怒鳴る人 暴力的な人 男の人 女の集団 影で悪口を言う人 無視する人 不機嫌な人 不良っぽい人 馴れ馴れしい人 一方的にしゃべり続ける人 威張っている人 自信満々の人 権威のある人 リーダー的存在の人 明るく元気な人 しつこい人...
あの人はどう思っているのか? あの人はどういう気持ちなのか? あの人の心の中はどうなっているのか? 不安が強くて、ろくにコミュニケーションがとれなくて、人間関係に悩んでいた頃のわたしは、自分以外の人の心の中が本当はどうなのか?というところばかりが気になっていて、他人の心を読む系の情報ばかり仕入れていました。...

さらに表示する